空調設備とは、温度の調節のみならず、湿度、空気清浄、気流までコントロール可能な設備のことを指しており、正式には「空気調和設備」と言う。


室内や乗り物・地下道などの空気清浄・温度・湿度・気圧などを適切な状態に調節する設備なので、空間を快適かつ安全な環境を作り出すことが可能になります。

空調設備には暑い時には冷房、寒い時には暖房で温度調節ができる「冷暖房設備」も含まれる。

空調設備は方式別に中央方式と個別方式に別れ、中央方式は業務用建物の場合,地下などの機械室に設置される熱源機器 (ボイラ・冷凍機など) で作成された蒸気・温水・冷水などを配管を通して各階に設置されている空気調和機 (空調機) へ供給し,そこで作成された冷風・温風によって冷暖房する方式である。空調機を機械室の近くに設置しダクトにより冷風・温風を供給する方式もある。空調機は空気を冷却減湿する冷却コイル,加熱する加熱コイル,空気を浄化するエアフィルタ,加湿をする加湿器から構成されるのが一般的である。中央方式の場合,ガスを熱源とする吸収式冷温水発生機や電動式のヒートポンプを用いて冷水・温水を作成することが多い。個別方式は,電動式のヒートポンプの圧縮機と加熱,冷却コイルとを内蔵したユニットを室内あるいは天井内などに設置し,冷風・温風を供給する方式である。設置が容易なこと,個別運転が可能なことなど,さまざまな特徴を有している。ルームエアコンなどは個別方式が多く用いられている。

換気設備とは、自然または人工的方法により、室内空気入れ替える設備をいう。 汚染空気浄化排熱酸素供給などを目的とする。

送風機,換気扇,ダクト,フード,給排気口,自然換気口などの換気設備や窓は,換気の目的に応じて適切な換気量と換気効果が確保されるように計画されねばならない。